敏感肌でファンデーションを選ぶ時や塗る時のポイント

敏感肌でファンデーションを選ぶ時や塗る時のポイント

敏感肌でファンデーションを選ぶ時や塗る時、お肌に大丈夫かな・・・って心配になることがありますよね。

お肌が荒れたりしないか、新しいファンデを選ぶ時にはドキドキしてしまいます。そんな敏感肌の人に、ファンデーションを選ぶ時や塗る時のポイントについてお伝えします!

敏感肌のファンデーションのポイント1:刺激の少ないファンデーションを選ぶ

敏感肌のファンデーションのポイント1:刺激の少ないファンデーションを選ぶ

敏感肌はファンデーションをつけると、どうしても刺激を受けてしまいます。でも、だからといってファンデーションを塗らないと、紫外線などでかえってお肌を傷めてしまいます。そういう敏感肌の人は、とにかく刺激の少ないファンデーションを選ぶようにしてみましょう。

今はいろいろなタイプのファンデーションがありますが、オイルフリーのものや添加物の入っていないものもあります。その中でもお肌に刺激が少ないといわれる、ミネラルファンデーションはおすすめです。

もともと敏感肌の人でも使えるように考えて作られているものもあるので、お肌に負担のかかる成分が少ないのです。

ファンデーションは毎日塗る人が多いです。それなら少しでも負担の少ないファンデーションを選ぶ方が、絶対敏感肌にはいいのです。

敏感肌のファンデーションのポイント2:パウダーファンデーションを選ぶ

敏感肌のファンデーションのポイント2:パウダーファンデーションを選ぶ

敏感肌とファンデーションのタイプはけっこう関係があります。ファンデーションをつけるのはやっぱりお肌に負担がかかります。敏感肌は普通のお肌よりも影響を受けやすいので、できるだけ負担や刺激が少ないタイプのファンデーションを選ぶというのがポイントです。

そこでおすすめなのが、リキッドタイプよりパウダータイプのファンデーションです。実はパウダーファンデーションの方が、お肌への密着が少ない分、刺激を減らすことができるのです。

パウダーファンデーションをお肌につける時、力を入れずにそーっとはたいてあげましょう。。ファンデーションだけでなく、ファンデーションをつける時にも刺激を与えないように気をつけましょう。

ファンデーションのタイプを選んで変えてみるだけで、ずいぶんと敏感肌への負担が少なくなるのです。ちょっと試してみて下さいね。

敏感肌のファンデーションのポイント3:柔らかいブラシを使う

敏感肌のファンデーションのポイント3:柔らかいブラシを使う

敏感肌でファンデーションをつける時に、気をつけたいのはファンデのタイプばかりではありません。そのファンデーションをつける道具にも、いろいろ気を配りたいですね。

ファンデーションを塗る時に、スポンジやブラシなどいろいろな方法がありますが、ブラシの方がお肌の負担が少ないのです。スポンジはファンデーションをしっかり塗りたい時に適していますが、ブラシはファンデーションを薄く塗る効果があります。

ブラシを使う事で、お肌にファンデーションをつけすぎないようにすることができるのです。

そしてブラシを選ぶ時は、硬いブラシより柔らかいタイプのブラシを選ぶようにしましょう。毛質が硬いタイプのブラシはどうしてもお肌に刺激を与えてしまいます。そうするとお肌をひっかいているのと同じになるので、刺激を与えてしまうのです。

敏感肌は、毎日の刺激を少しでも少なくするのが大切です。刺激の少ない柔らかいブラシは、ファンデーションを薄づきにして、つける時にも負担をかけない、まさに敏感肌のための化粧道具なのです。

敏感肌のファンデーションのポイント4:リキッドファンデは叩き込むようにつける

敏感肌のファンデーションのポイント4:リキッドファンデは叩き込むようにつける

敏感肌にファンデーションを塗る時、できるだけお肌に負担が少ないタイプを選びたいですよね。刺激の少ないミネラルファンデのパウダータイプが敏感肌にはいいのです。

でも…もしリキッドタイプのファンデーションを買ってしまったばかりだったら、捨てるのももったいないですよね。

そういう時は、リキッドファンデをつける際にスポンジでポンポン叩き込むようにつけましょう。リキッドファンデは手で伸ばすよりも、スポンジで叩き込むようにつける方がお肌にとって負担が少ないのです。

それにスポンジを使ってつける方が、薄くつけれて仕上がりもきれいになるのです。

せっかく買ったリキッドファンデーションをつけたいと思ったら、スポンジを使って叩き込むようにつけるのが、敏感肌でもリキッドファンデをつける時のポイントなのです。

敏感肌のファンデーションのポイント5:古いものや安いものを使わない

敏感肌のファンデーションのポイント5:古いものや安いものを使わない

敏感肌をファンデーションのタイプやつけ方で、刺激しないようにするのは大切です。そして、もう一つ気をつけなければいけないポイントがあります。

それは古いものやあまりにも安いものは使わないようにするということです。

ずっと残っていたファンデーションを、もったいないからといって使ってしまったことはありませんか?また、添加物の配合なしと書いてあっても、あまりにも安いものは含まれている成分に不安を感じてしまうかもしれません。

それから、ファンデーションを付けるブラシやスポンジは汚れていませんか?

敏感肌はバリア機能が低下しているという事でもありますので、お肌が清潔に保てるように、ブラシやスポンジは定期的に洗うようにしましょう。

お肌に良い、ある程度の金額のファンデーションを使いましょう。そして残っていた古いファンデーションは思い切って処分してしまいましょう。

 

敏感肌でファンデーションを選ぶ時や塗る時に、ちょっと気をつけてあげるだけで、お肌の状態はぐんと良くなるのです。敏感肌はその名前の通り敏感なので、お肌の様子をよく見てあげて、一番合うファンデを選んであげたいですね。そうすれば、きっときれいなメイクができるでしょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ