デート服を選ぶ時に役立つポイント

デート服を選ぶ時に役立つポイント

デート服を選ぶ時、かなり時間をかけて迷ってしまうことがあります。女性は男性と違って、洋服の選択肢が多いため男性よりも決めるまでに時間がかかるものです。皆さんどのように選んでいるでしょうか?

実際、男性がグッとくる服と女性が素敵と思う服には少しズレがあります。デート服を選ぶ時、相手の人に魅力的に見せる為には、男性の目線を少し取り入れてみる必要があります。

デート服なら可愛い&女の子らしいことが大事

デート服なら可愛い&女の子らしいことが大事

デート服は自分の為に選ぶものでもあり、相手の為のものでもあります。男性にしてみれば、自分にはない「可愛い」「女の子らしい」は必須といえるでしょう。そこらへんを意識して選んでみるのもポイントです。

ワンピース

間違いありません。男性で着ることのできないワンピースに魅力を感じずにはいられません。ワンピースは自分に似合うものを1着ず必ず、できれば2~3着持っているととても役に立つでしょう。

素材感や色、柄などで雰囲気もいろいろ変えることができます。また、カーディガンを羽織るなどすれば何シーズンか着ることができます。清楚で上品なものを選ぶと良いでしょう。

透ける素材

シフォンやレースのシースルー素材は、全体ではなく背中や肩など一部に使われている物も少し女性らしさや色気が感じられ、良いでしょう。直接肌が見えてしまう以上に魅力的に見えます。露出しすぎず、多少のセクシーさも出せるのでおすすめです。

ダークな色は避ける

可愛いデザインでも黒や茶色でまとめてしまうと魅力は半減してしまいます。メインがダークカラーであっても、出来れば淡く綺麗な色味をどこかに使いましょう。

淡い色が似あわない、という人もいらっしゃるかもしれませんが、顔の近くを避けることによって違和感なく着られることがあります。また、白に近い色味であれば、大抵の人にしっくりくると思いますので、自分に合った色を研究してみると良いでしょう。

デート服であっても下品にならないように

デート服であっても下品にならないように

デート服でも男性は女性に対して、色気を求めるのは当たり前ですが、やりすぎはいけません。下品にならない程度の女らしさが必要です。色気はあっても清潔感とさわやかさが必要です。

長すぎても短すぎてもいけない

スカートの長さは短ければ短いほど良いわけではありません。下着が見えるギリギリであれば、色気を通り越して下品になります。

ミニスカートはとてもいい選択ではありますが、丈の長さには細心の注意が必要です。また、年齢も多少は考慮すべきでしょう。

深く開きすぎた胸元

これは女性から見ても多少の嫌悪感を覚えることがありますよね?

見せてはいけないわけではありませんが、加減が必要です。周りの男性全てを誘っているように見えるほど胸元があいていると、デートの相手は気が気ではないでしょう。

デート服はTPOに合わせましょう

デート服はTPOに合わせましょう

デート服と一口に言っても、色々なデートがあります。夜のお食事や映画、また海や山に出かける時もあれば、遊園地の時だってあるはずです。その時のTPOに合わせたデート服選びは大切です。

出かける場所に合わせた靴選び

例えば、おしゃれなレストランでのデートならばヒールの高い女性らしい物が良いでしょう。しかし、海や山に出かけるのにハイヒールを履いていけば歩くこともままなりません。

そうでなくても、仲良くお散歩すらできない靴は、デートを楽しめない上に相手の男性にも気を遣わせて、疲れ果ててしまうでしょう。

どこで何をするかを考えて選ばなければ残念な結果になります。さらに、靴は男性との身長差も考慮して選ぶことも重要です。

スカートかパンツか

基本的にはパンツよりもスカートの方が可愛らしくも女性らしくも見え、良いとは思いますが、デートの場所によってはスカートでは困る場合もあるでしょう。そのよう場合はショートパンツもオススメです。ピッタリと短すぎるものではなく、少し余裕のあるものを選ぶと良いでしょう。

基本的にレギンスは不評の場合が多いですが、それもデートの場所によっては許容範囲ではないでしょうか。デート服は何度目の時でも悩んでしまうのが女性というものでしょう。

たまには雰囲気を変えてみるのも良いと思いますが、あまりにも個性的だと、目立ちすぎて一緒に歩くのが恥ずかしいと思われてしまう事もありますので、相手の趣味にも多少は合わせることは必要でしょう。やりすぎない程度に流行も取り入れることも必要です。

また、悩んだ時は男友達に聞いてみるのも良いでしょう。露出をするのではなく、体のラインがわかる服は魅力的です。自分の自信のある部分を強調する服を選ぶと良いでしょう。足を見せるなら上半身は控えめにするなどの工夫は必要です。

時がたち、お互いの事をたくさん知ればさらにいろいろなデート服を楽しめるようになるでしょう。TシャツにGパンで近所を歩く時もあるかも知れません。しかし、いつまでもお洒落をして出かける気持ちは忘れないようにしたいものですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ