チュニックとはどういうもの?知っているようで知らないこと

チュニックとはどういうもの?知ってるようで知らないこと

チュニックとは、今はもう女性のファッションアイテムとして欠かせないウェアとなっています。でも、意外とチュニックって何だか知らなかったりしませんか?チュニックとはどういうものか、知っているようで知らないことについて、ちょっと考えてみませんか?

 チュニックとは実は名前の歴史が深い! 

 チュニックとは実は名前の歴史が深い!

チュニックとは、実は名前の歴史が古くて深いのです。なんと2000年前からその呼び名はあったといわれています。

チュニックの語源は、古代ギリシャやローマ時代に衣装として用いられていた「トゥニカ」という貫頭衣がもととなっています。この貫頭衣から発展した、筒型の衣服全般をさすものであるのです。

 そして、このチュニックというのは何と軍服を指す言葉としても使われていました。19世紀頃の欧米では軍服の上着が変わりつつあり、スポンと頭からかぶるようなタイプになりつつありました。それに学生服の襟詰めのようなものがついていたのです。

 例えばイギリスでもちょうどクリミア戦争の頃よりこのタイプが使われることとなり、軍服の上着は「チュニック」と呼ばれるようになったのです。現在は軍服の形は背広型に変わっていますが、軍服の上着をチュニックと呼ぶこと自体は変わりがないのです。

 チュニックというアイテムが、実は2000年前からその呼び名があったり、軍服の上着の呼び名として使われていたという歴史があるなんて、ちょっとビックリしてしまいますね。

 チュニックとはワンピースとどう違うの? 

 チュニックとはワンピースとどう違うの?

チュニックとは、ワンピースと形がとても似ています。ではチュニックとワンピース、どういう風に違うのでしょうか。

チュニックとワンピースの違いは、丈の長さの違いです。ワンピースは膝丈や膝上までの長さがあり、1枚で着る事ができるウェアです。少し膝丈より短くても「ミニワンピース」という名前で呼ばれていて、それも人気がある1枚です。

 それに対してチュニックは同じような筒形の衣類ではありますが、本来1枚では着用は難しい丈の長さです。腰と膝の中間くらいの長さとなるので、下にパンツをはいたりレギンスを着用して着こなすものといえるでしょう。この丈の長さが、2つのアイテムを分けているのです。

 しかし、最近は色々なバリエーションも出てきています。1枚でも着用が可能な、少し丈の長めの「チュニックワンピ」というものも販売されるようになりました。そうなると、チュニックとワンピースってますます曖昧なものになるかもしれません。

 これからはいろいろな丈の長さのチュニックが発売されていくでしょう。。そんなチュニックの中から、自分にぴったりの1枚を選びたいですね。

  チュニックとはかなり色々なタイプがある 

 チュニックとはワンピースとどう違うの?

チュニックとは、頭からすっぽりと被るタイプのファッションアイテムですが、実はチュニックってけっこう色々なタイプがあるのです。

 頭からすっぽりと被るのが本来のチュニックのスタイルですが、その「すっぽり被る」タイプの中にも色々なバリエーションがあるのです。半袖や長袖のものはもちろん、ノースリーブといったタイプのチュニックもあります。

 他にもシャツの丈が少し長くなったタイプを「チュニックワンピ」と呼んでいます。チュニックの丈は腰と膝の中間くらいのものが一般的ですが、その丈に合わせた丈の長さのシャツはそのように呼ばれているのです。

 その他、素材にこだわったお値段の高いものや、オーガンジーでできているタイプのものもありますし、1000円くらいから購入できるものもあります。飾りなどがついていないものから、ポケット付きの便利なものまで、本当にバリエーションは豊富です。

お値段の高いチュニックは外出着としてぴったりですし、カジュアルなものは普段着とするのに便利でしょう。値段が安いものは洗濯機でバンバン洗っても平気だったりして、コストパフォーマンスが高かったりするのです。

 そんなバリエーション豊富なチュニック、その場のシーンに合わせて是非とも着こなしたいですね。

  チュニックとはもしかして男性受けが良くない? 

チュニックとはもしかして男性受けが良くない?

チュニックとは、女性は誰でも持っている人気アイテムですが、男性受けって意外とよくなかったりするのです。チュニックはスポンと被るだけでファッションが決まりますし、体型を隠すこともできて便利です。しかし、実は女性にとって高ポイントの部分が、男性受けが悪い原因となっているのです。

男性から見て、チュニックは「おばさんくさい」という印象をもつ人が多いのです。1枚被ればOKなお手軽さは、手抜きをしているような印象を与えてしまいます。また、体型隠しができるということも、男性からすると「おばさん」を想像してしまうのです。

 また男性にとってチュニックは、妊婦が着るマタニティーウェアのイメージがあるという人もいます。男性は妊婦に対して女性としての目を向けるということはあまりありませんよね。そんなマタニティーを連想させるチュニックは、決して好感度が高いアイテムとは言えないのです。

 でも、あれだけ便利でしかもかわいいチュニックを着ないなんて、ちょっともったいないですよね。だからといって男性の目線を無視するのもなかなかできません。

 そういう時は同じチュニックの中でもオシャレ度の高いものをチョイスしてみるといいでしょう。例えばオーガンジー素材のものや、さりげなくフェイクジュエルのついたものを選べば、ずいぶんと印象も変わります。

 また、チュニックの中にはどちらかというとスリムで細めのものもあります。それなら男性から見ても体型隠しというイメージや、マタニティーウェアを連想するということを避けることができるでしょう。

 ちょっとおしゃれで細めのものを選んで、男性のチュニックに対するイメージを覆してしまいましょう! 

チュニックとは旅行にもっていくのにも最適なアイテム!

チュニックとはもしかして男性受けが良くない?

チュニックとは、どちらかというとシワになりにくい素材で出来ていることが多いアイテムです。ポリエステル素材やナイロン、そしてオーガンジーなど、アイロンがいらない素材を使っているものが多いでしょう。そしてこれらの素材を使ったチュニックは、旅行に持っていく洋服の素材として最適なアイテムなのです。

 旅先では、どうしてもスーツケースに入れておいた洋服がシワになることもあります。現地でアイロンをかけるというのもちょっと難しいですよね。しかし、チュニックはこういうシワになりにくい素材を使っているので、その心配がいらないのです。

 万が一シワになっていても大丈夫、一晩吊るしておいたら、かなりシワはとれます。また、ちょっと水を振りかけておけば、けっこうシワは取れるものなのです。

 チュニックは中に重ね着したり、ボトムにパンツやレギンスを組み合わせたりすることができるアイテムです。ちょっと寒いなと思ったら、重ね着したりボトムをチェンジしたりして調整することができるのです。

 シワになりにくくて温度調整がしやすいチュニックは、旅行に持ってくのにとっても便利なアイテムです。今度どこかへ旅にでるようなら、ぜひスーツケースの中にチュニックを入れて行ってみませんか。きっと旅先で役に立つことでしょう。

 

チュニックとは、女性に人気なアイテムなのに、意外と知られていないことがあるのです。そんなチュニックのことをちょっと知ってみるのもいいですね。きっと素敵なチュニックを、あなたが見つけ出すきっかけとなるでしょう。 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ