偏頭痛の対処はどうしたらいい?すっきりするための方法

偏頭痛の対処はどうしたらいい?すっきりするための方法

偏頭痛の対処についてどうすべきかと悩んでいる方がたくさんいます。こめかみに感じる激痛や、長時間にわたって続く偏頭痛など、その症状にも個人差があります。

いつおきるか分からない偏頭痛は根本的な原因を解決することが大切ですが、急に痛みが始まったときにはどのように対処したらよいのか、すっきりする方法をご紹介します。

体に感じる痛みは特にストレスともなりやすく、心身ともに負担となる偏頭痛ですが、自分にあった対処方法を知っておくと、大切な場面でも安心することができますね。体質には個人差がありますので、痛みの種類などにより対処方法を色々試してみましょう。

偏頭痛の対処にコーヒーを飲む

偏頭痛の対処にコーヒーを飲む

偏頭痛の対処には、それぞれの原因に応じたものがあります。偏頭痛は脳の毛細血管が拡張することにより、私たちには頭痛として痛みを感じます。痛みが継続する時間には個人差がありますが、数時間続くようなひどい場合もあります。

コーヒーに含まれて入るカフェインには、毛細血管を縮小する作用がありますので、痛みが始まったらコーヒーを飲むことで痛みを和らげることができるのです。

急な場面でも、コーヒーならば手に入れることが比較的簡単ですから、偏頭痛をすっきりさせる対処法としてとても手軽にできる方法です。

コーヒー以外でもカフェインの多い炭酸飲料なども痛みを緩和する効果があります。血流を抑えるためにもホットよりも冷たい飲み物のほうが効果的です。

偏頭痛を対処するならおでこを冷やす

偏頭痛を対処するならおでこを冷やす

偏頭痛の対処として、おでこや痛みのある患部を冷やす方法があります。偏頭痛がおきるときは、血管が拡張されて血流も早くなっています。

冷やすことにより、血流を穏やかにして痛みを緩和することができます。偏頭痛は特に片側のこめかみが痛くなる症状が多いのですが、特に痛い患部を冷やすととても気持ちがよく、精神的にもリラックスすることができます。

長時間にわたり痛みが続くときや、小さな子供には市販の熱さましの貼り薬をつけても効果があります。

頭の全体的に痛みを感じるときには、首筋に冷たいものをあてることで、痛みを緩和することができますのでぜひ試してください。保冷剤などをタオルにくるんで当てておくと気持ちがいいですね。外出先ではハンカチを濡らしたものなどを使うと効果的です。

偏頭痛用対処としてリラックスできる環境

偏頭痛用対処としてリラックスできる環境

偏頭痛を対処することがなぜ必要かというと、激しい痛みが始まると、精神的にも不安定になることがあります。リラックスして落ち着けるところに移動をする事も対処法の一つなのです。

特に音がうるさい場所や光がまぶしい場所など、偏頭痛の際にはとても敏感になりますので、これらの外部の刺激は痛みを悪化させることがあります。落ち着ける静かな場所や、横になって休むことは痛みを緩和するためにも効果があります。

リラックスするためにはアロマキャンドルやハーブティなども効果がありますね。偏頭痛の痛みを感じ始めたら、ひどくなる前にリラックスできる環境を作りましょう。痛みにあまり集中しないように、自分の好きなことをして時間を過ごすこともよいでしょう。

偏頭痛がひどい場合には吐き気を感じることもあります。痛みや症状に個人差がありますので、自分に合った対処法を試すことが好ましいですね。

偏頭痛で対処が必要となる時の注意点

偏頭痛で対処が必要となる時の注意点

偏頭痛を対処する方法として、偏頭痛が始まったら痛みを悪化させないようにする注意点がいくつがあります。

偏頭痛には神経伝達物質と似た働きをする、チラミンという成分を含んだ食べ物を控えることが必要です。チラミンは高血圧の原因にもなりますので、偏頭痛のような血管を拡張する症状には気をつける必要があります。

チラミンを多く含んだ食べ物にはチョコレートや赤ワインがあります。痛みを感じたらこれらの食べ物をとらないことが必要ですが、アルコール飲料は血圧を上昇させる作用もあるために、偏頭痛を悪化させる原因になりますので注意しましょう。

毎日の食生活から一切除くことは必要ありませんが、特に偏頭痛が起きている間は食べないようにしてください。食生活は健康のバランスをとるためにもとても重要ですので、偏らない食生活を心がけましょう。

偏頭痛に対処法として睡眠改善をする

偏頭痛に対処法として睡眠改善をする

偏頭痛の対処として必要なことですが、原因には毎日のストレスなど自律神経が影響していることがあります。そのため充分な質の高い睡眠をとり、体の疲労回復をする方法があります。疲労回復をして自律神経を安定することで、偏頭痛の予防と改善をすることができます。

その日の疲れは睡眠をとることで回復をすることができますが、疲れがたまっていくと、自律神経が不安定になり偏頭痛を起こしやすくなります。

体に充分な休息を与えるためにも夜更かしをしないで、朝すっきり目が覚めるように質のよい睡眠をとるように心がけてください。短い時間の昼寝をする事も偏頭痛には効果的です。しかしどうしても偏頭痛が治まらないときには病院で診察してもらう事も必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ