便秘は食べ物で改善出来る!オススメの5つの食べ物

便秘は食べ物で改善出来る!オススメの5つの食べ物

便秘を食べ物で解消したい女性は多いのではないでしょうか。できることなら便秘薬などを使わずに自然に解消したいですよね。

今回は便秘に効く食べ物を5つご紹介します。毎日の食生活に取り入れて、無理なく便秘を食べ物で解消してくださいね。

便秘を食べ物で解消するなら大豆

 便秘を食べ物で解消するなら大豆

便秘を食べ物で解消したければまず日本の朝ご飯の定番、納豆を食べる習慣を付けてみましょう。たくさんの食物繊維が便秘解消に導いてくれます。

納豆に含まれる食物繊維はさまざまな食品に比べて特に多く、なんと100gあたり17gだそうです。便秘解消のために必要な食物繊維は1日に18〜20gと言われているので納豆だけで十分解消できそうです。

 また、不溶性の食物繊維が多く含まれているので腸内で水分をたくさん含んで便通を促してくれるでしょう。

 また、納豆は大豆製品ですが大豆の中でも納豆は発酵食品でナットウ菌が使われています。ナットウ菌には腸を整えてくれる働きがありますので腸内環境を整えてくれます。

飲み物から改善したい人は豆乳を飲む習慣を付けると良いでしょう。

豆乳には腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖が豊富に含まれています。なので腸内の環境を無理なく整えることができるのです。

 また、牛乳と違って動物性の脂肪がないのでダイエットを気にしている人にはもちろんオススメです。脂肪で胃腸に負担をかけることもないですし肌荒れにも効果的でしょう。

 女性はホルモンバランスが乱れると便秘を起こすことがあります。そこで活躍してくれるのが豆乳に含まれる大豆イソフラボンです。

 女性ホルモンと似た働きをしてくれるのでホルモンバランスを整えてホルモンバランスの乱れからくる便秘を解消してくれます。

便秘を食べ物で解消するならヨーグルト

便秘を食べ物で解消するならヨーグルト

便秘に食べ物で対抗しようとしているならヨーグルトに注目している人も多いのではないでしょうか。ところで、スーパーなどで売っているヨーグルトにはそれぞれ違う菌が使われているのはご存知でしょうか。

 乳酸菌が腸まで届くことを売りにしているヨーグルトをよく目にしますね。それは腸を整えてくれる乳酸菌が胃液などで死滅してしまうからなのだそうです。

 しかし、乳酸菌は死んでしまっても腸内に住んでいる善玉菌のエサになり腸の働きを間接的に助けてくれるので躍起になって腸まで届くヨーグルトを買わなくても大丈夫です。

 便秘になった時に特別ヨーグルトを食べるのではなく、習慣的に食べていつも腸内を健康な状態に保ってあげることがとても大切です。

 ヨーグルトは胃にも優しく胃痛などで悩んでいる人にもオススメです。空腹時などの胃痛を緩和してくれ、腸内を補修してくれるので胃痛大国に住まう日本人には欠かせない食材かもしれませんね。

ヨーグルトと一緒に食べることで乳酸菌との相乗効果が生まれ更なる効果が期待できる食材はバナナです。

 同じく食物繊維たっぷりのシリアルと一緒に食べればそれだけで朝ごはんになりそうですね。

 バナナには食物繊維が豊富に含まれていますが、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれているのが特に便秘に悩んでいる人におすすめしたい理由です。

 バナナに含まれるオリゴ糖やヨーグルトの乳酸菌は腸内に住んでいる善玉菌のエサになるので腸内の環境を良い方向に導いてくれますよ。

便秘を食べ物で解消するなら寒天

便秘を食べ物で解消するなら寒天

便秘を食べ物で改善したいなら寒天もおすすめです。一時期ダイエット食品としても流行しましたよね。

 寒天は原料が海藻なのでカロリーも低く食物繊維が豊富です。マグネシウムやカルシウム、カリウムなどもとても豊富に含まれているので特に女性向きの食材でしょう。

寒天に含まれる食物繊維は水溶性ですのでごぼうのように腸内で詰まって腹痛を起こすこともなさそうです

 寒天といえばあんみつなどに入っているゼリー状のものを想像しますが、料理にも幅広く使用できます。

 ご飯を炊く時に粉寒天を入れればもちもちとした美味しいご飯が炊けますし汁物にサラッと混ぜるだけでも手軽に摂取することができます。毎日の食生活に加えるには簡単で手軽でクセがない寒天もいいですね。

便秘を食べ物で解消するならこんにゃく

 便秘を食べ物で解消するならこんにゃく

便秘を食べ物で解消したいと思っていてもダイエットも並行して行いたいからできるだけカロリーや食べ過ぎを防ぎたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

 そこでダイエット食品としても昔から人気の高いこんにゃくをおすすめします。こんにゃくは芋から作られており、グルコナンマンという成分が主成分です。実はこのグルコナンマンは水溶性食物繊維。なので便秘に効果的なのです。

 こんにゃくがお腹の中で消化されていくとドロドロのゲル状になります。すると腸内でローションのような働きをしてくれるので便を排出しやすくなり無理せず排出する事ができそうですね。

 また、腸内の掃除をしながら消化されていくので老廃物や余分な脂質などをからめとってくれます。効果をより期待するにはこんにゃくと一緒に水分を多めに摂りましょう。

 お腹の中もスッキリでダイエット効果もあって食べ応えもあるなんて、女性には嬉しい事ばかりですね!

 便秘を食べ物で解消するならニンニク

 便秘を食べ物で解消するならニンニク

便秘を食べ物で改善したい人にはニンニクがおすすめです。

 特に女性は口臭を気にして食べないようにしている人も多いかと思いますがニンニクには便秘に効果がある成分が含まれているのです。

 ニンニクの臭いの成分「アリシン」には腸を刺激する働きがあり、ぜん動運動を促進してくれるので便がスムーズに排出され、また善玉菌の働きを助長してくれるので結果として便通が良くなり便秘が改善します。

 翌日に予定がある日や仕事の時は食べ辛いニンニクですが、週末や長期休暇の時は便通やアンチエイジングのためにと思って食べてみてはいかがでしょう。

 また、便秘を解消するためにニンニクは食べたいけれどどうしても臭いが気になるという人はニンニクを食べた後にリンゴを食べてはいかがでしょうか。実はリンゴには消臭効果があるので気になるニンニクの臭いを消してくれるのです。

 また、リンゴは便秘にも非常に効果的です。風邪をひいたときなどにお母さんがよく出してくれたという人もいるでしょう。リンゴは消化が良いので風邪を引いている人にも向いているのです。

 また、食物繊維も豊富に含まれています。リンゴに含まれている食物繊維は水溶性ですのでごぼうやトウモロコシなどが合わなかった人にもおすすめできます。

 リンゴを食べる際は是非皮を剥かずに種の部分だけを取り除いて食べてください。皮には抗酸化作用があり、食物繊維も豊富に含まれています。

 農薬が気になる人もいるかと思いますが国産のリンゴなら水でしっかり洗えば問題ありません。外国産の果物を食べるときは農薬が強いので皮は剥いた方が賢明でしょう。

 リンゴには果糖が含まれていますが、果糖も腸のぜん動運動を促してくれるので便通が良くなります。美味しく食べてどっさりなら嬉しいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ