ヨーグルトが花粉症に効果があるって本当?

ヨーグルトが花粉症に効果があるって本当?

ヨーグルトの花粉症への効果が話題になっていますが、本当なの?と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

ヨーグルトを食べることで、花粉症のアレルギー症状が緩和する可能性もあるといわれています。しかし実は、その食べ方によって全く効果が表れない事もあります。

ただ食べれば良い訳ではありません。花粉症の対策としてのヨーグルトは、どのような作用があるのか知った上で摂取することが重要なのです。

ヨーグルトで花粉症の緩和、狙いは腸内環境の改善

ヨーグルトで花粉症の緩和、狙いは腸内環境の改善

ヨーグルトは花粉症対策として摂取する場合、乳酸菌を腸内に届けることで腸内環境を良くし、免疫力の正常化をはかることを目的としています。

 免疫細胞の約7割が腸にあるといわれているため、腸内環境を整えることと免疫力とは深い関係があるのです。

 花粉症の症状は、免疫細胞のバランスの乱れが影響していると考えられ、ヨーグルトに含まれる乳酸菌を摂取することで、免疫細胞のバランスを整えるのに効果があります。免疫力を正常に保ち、花粉症のアレルギー症状を緩和することが狙いです。

 ヨーグルトの摂取によって、体質改善をすることで、アレルギー症状を緩和するということでしょう。

ヨーグルトで花粉症への効果を得るためには

ヨーグルトで花粉症への効果を得るためには

ヨーグルトを花粉症の改善のために摂取するのであれば、いつ食べても良いということではありません。

 例えば、花粉症の症状が表れたからと言って、慌ててヨーグルトを食べたところで、その日のうちに鼻炎や目のかゆみが治まる訳ではないのです。

 ヨーグルトは薬ではありませんから、即効性を期待してはいけないのです。1度症状が出てしまえば、ヨーグルトを一生懸命食べても改善されない可能性が高いです。

 花粉症を改善するためには、その時期を迎えるまでに体質改善をしておくことが重要です。そのためには、花粉症の時期が来たからヨーグルトを食べるのではなく、日頃から継続してコンスタントに摂取する必要があります。

ヨーグルトを花粉症の改善目的で摂取するときのコツ

 ヨーグルトを花粉症の改善目的で摂取するときのコツ

ヨーグルトが花粉症の症状の緩和に役立つのは、食べることで体質改善されるからです。そのためには、毎日継続する必要があるでしょう。ヨーグルトを食べることを習慣化することが花粉症を改善するためには必要です。

 コツコツと継続することで体質改善が成され、結果的に花粉症の症状を緩和してくれるのです。

 最低でも、花粉症の季節が来る1ヶ月前からヨーグルトを定期的に食べることを心がけると良いでしょう。できれば毎日の摂取が効果的です。1日に100g程度で構わないので、継続的に食べてみましょう。

 さらに、胃液の影響をダイレクトに受けることで、乳酸菌が腸へ届かない可能性があるため、ヨーグルトは食後に食べるのが効果的です。

ヨーグルトで花粉症対策をするのなら、選び方にも気を付けましょう

ヨーグルトの花粉症改善の効果は人それぞれ

ヨーグルトで花粉症への効果を得るためには、どのようなヨーグルトでも良いという訳ではありません。腸まで乳酸菌が届かなければ意味がなく、効果が現れない可能性があります。一般的に販売されているヨーグルトの中にも、腸まで届く乳酸菌が摂取できるものとそうでないものがあります。

 花粉症に効果のある乳酸菌の種類は、フェカリス菌、L-55乳酸菌、LGG乳酸菌、ビフィズス菌LKM512及びBB536などがあり、その種類により、効果の違いがあります。

 多くの種類のヨーグルトの中から、しっかりと成分を確認して選ぶことが重要なポイントです。好みに応じて飲むタイプのヨーグルトを選んでみても良いでしょう。

 また、白い砂糖を使用している場合は、ビタミンBを減少させ免疫力を低下させる作用が働くため、ヨーグルトを摂取する意味がなくなってしまう可能性があります。甘くするために使うものは、ハチミツや黒砂糖などが良いでしょう。

ヨーグルトの花粉症改善の効果は人それぞれ

ヨーグルトの花粉症改善の効果は人それぞれ

 ヨーグルトが花粉症に効果があるというのは、必ず誰でも当てはまる訳ではありません。改善される人とそうでない人がいるのも事実です。

 顔が人それぞれ違うように、体質も人によって少しずつ違いがあります。花粉症の改善にヨーグルトが効果ある人もいれば、全く効果がない人も居るのです。

 なぜなら、生活環境が違うからです。すべての人が同じものを食べている訳でも、同じ睡眠時間を取っている訳でもありませんし、ストレスの度合いも人それぞれ。そのため、効果が同じようには表れない可能性があるのです。また、免疫遺伝子についても人によって違いがあります。

 ヨーグルトの種類や体質によって、効果の度合いが変わってしまうのも仕方がないことなのでしょう。

 しかし、ヨーグルトは効果をふまえて種類を選ぶことで、腸内環境を整え体に良い影響を与えてくれますから、積極的に食べることで健康的な毎日を送れるとともに、美容にも効果があります。食べておいても損はないでしょう。

 

薬で症状の緩和を図るのも良いですが、花粉症のアレルギー症状は長期間に及ぶ可能性が高いですから、身体の中から花粉症の改善を目指すことを試してみても良いのではないでしょうか。また、免疫力の低下を防ぐためには、生活習慣の見直しも併せて行うことも大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ