欲求不満にならないように気を付ける5つのコツ

欲求不満にならないように気を付ける5つのコツ

欲求不満になる原因は、日々の生活の中で沢山あります。仕事も忙しく生活も不規則だったり・・・そんな毎日ではどうしたって欲求不満になりそうです。欲求不満にならないように気を付けるコツを5つ、お伝えします!

 欲求不満にならないコツはストレスを溜めない

 欲求不満にならないコツはストレスを溜めない

欲求不満にならないように気を付けるコツは、一番はストレスを溜めないという事です。ではどうしたら、ストレスを溜めないですむのでしょうか。

お風呂にゆっくり入る

 ストレスが溜まったような日は、ゆっくりお風呂に入ってリラックスしましょう。精神的に大変だった日は、せめて体をリラックスさせてあげる事で、ストレスを解消することができるのです。

 半身浴などでゆっくりお風呂に入り、ストレスを解消して欲求不満にならないようにしましょう。

 人に話してスッキリする

 ストレスが溜まって欲求不満になりそうという時は、友達などに話してスッキリしてしまいましょう。誰かと話すだけで、ストレス解消には大きな効果があります。ぜひ話を聞いてもらい、欲求不満にならないようにしましょう。

欲求不満を防ぐためには忙しくなりすぎない 

欲求不満を防ぐためには忙しくなりすぎない

欲求不満を防ぐためには忙しくなりすぎないという事が大切です。忙しすぎる日々を、自分で変えていくようにしなければなりません。

仕事を少しセーブする

 忙しすぎる毎日は、心身ともに負担になります。その原因がもし仕事であるなら、少しでも制限して忙しすぎる毎日を変えて行かなければ、いつまでも状況は変わりません。残業を減らす、定時に帰る日を作るなど、実現できるように少しでも努力しましょう。

予定を詰め込みすぎない

 プライベートでも趣味やお稽古などで目いっぱい時間が埋まっているようでしたら、その予定を少し開けてみましょう。

 時間の余裕がないという事は、欲求不満になりやすい状態なのです。たまには何の予定もないような日を作るようにしてのんびりする事が、欲求不満にならないコツと言えるのです。

欲求不満にならないためには好きな事をする

 欲求不満にならないためには好きな事をする

欲求不満にならないためには、好きな事をするという事も効果があります。そうする事で自分にかかるストレスや不満を、上手に解消して欲求不満にならないですむのです。

好きなものを思いっきり食べる

 欲求不満になりそうな時は、自分の好きなものを思いっきり食べるというのも、欲求不満にならないためのコツと言えます。

食べすぎは問題ですが、たまには自分が食べたい!と思うものを食べてみましょう。多少のカロリーオーバーはありますが、それよりも精神的にすっきりするという事のメリットが大きいでしょう。

お出かけをする

 お出かけをして、好きな映画を見たりショッピングをするのも、欲求不満にならないですむコツといえます。

 たまのお休みには思いっきり羽を伸ばして、好きなことをするためにお出かけをしてみましょう。出かけること自体が気分が変わる一つの方法です。

欲求不満は体の疲れからも来る

欲求不満は体の疲れからも来る

 欲求不満は体の疲れからも来るという事があります。疲れすぎたりすると精神的にも負担がかかって、欲求不満になるという事もあるのです。

体の疲れを溜めないようにする事が、欲求不満にならないコツといえるでしょう。

 睡眠時間を確保する

 睡眠時間を確保する事は、体を疲れさせないという事につながります。なかなか長い睡眠時間が確保できない場合でも、少しでも熟睡するように努力しましょう。

寝る前にホットミルクを飲んだり、お風呂に入って温まって、深い眠りにつけるようにしてみましょう。

たまにはマッサージを受けたりしよう

 疲れが溜まっていたら、マッサージを受けたり整体に行ってみるのも効果的です。自分ではどうにもできない疲れを、少しでも改善する事ができるでしょう。たまには自分の体と向き合って、疲れをとるようにしてみましょう。

体に良い食事をする

 疲れを溜めないためにはジャンクフードばかり食べずに、体に良い食事をするようにしましょう。

肉や魚、そして野菜のバランスが取れた食事は溜まった疲れを解消して、欲求不満体質になるのを防いでくれます。それだけでなく、心身ともに健康に導いてくれるのです。

欲求不満の解消には思った事を口に出す

欲求不満の解消には思った事を口に出す

 欲求不満の解消には、思った事を口に出すという事はとても効果があります。もしかしたら職場で、いつも本心を言う事がなく、周りに合わせていたりしませんか?

 時と場合によっては、思った事を口に出してみるのも、欲求不満にならないためのコツなのです。

YES・NOをはっきり言う

 人間は自分の意見と違った返答をするという時、欲求不満になりがちです。本当はそうは思っていないのに、周りの空気を読んで違った答えをしてしまうという事がありませんか?

 角が立たないように気を付ける必要はありますが、場合によってはYES・NOをはっきり言うという事も、欲求不満にならないためには必要です。

自分の感情を出す

 いつも自分の感情を抑え込んでいるような人は、欲求不満になってしまいます。

ちょっとした良い事があったり、悲しいドラマを見たりしたら、素直に喜怒哀楽を表してみましょう。それだけで抑圧された感じが消えて、すっきりする事でしょう。

 

 欲求不満にならないように気を付けるコツは、毎日の生活でちょっとした事を気を付ける事から始まります。自分で自分の状態をよく見つめて、できるだけ自分にかかっている負担を取り除いていくようにしましょう。それが欲求不満にならないコツと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ