会話が続かない相手と上手に会話するコツ

会話が続かない相手と上手に会話するコツ

会話が続かない相手とでも会話しなくてはならない場面がありますよね。会話がとぎれてしまってなんとなく気まずい雰囲気になってしまうこともあるでしょう。
そこで今回は会話が続かない相手とでもうまく会話をするコツをご紹介します。

会話が続かない相手とうまく話すには

会話が続かない相手とうまく話すには

会話が続かない場合の対処法を知っていれば、気まずい沈黙の間を上手く繋げることができるので、日常のストレスからも解放されそうです。

話題をうまく広げる

まず、会話が続かない相手と会話することで意識したいことはひとつの話題をうまく広げることです。例えば「最近寒くなりましたね」という話題があったとして、「そうですね。」と返してしまえば終わってしまいますが、そこから連想ゲームの要領で「寒いといえば、衣替えしました?」などと言い返せるとベストです。

乗っかりやすい話題を振る

相手が乗っかってきやすいように会話の土台を作ってあげることがとても大切なのですね。
会話が続きにくい人のパターンのひとつに、レスポンスが何でもネガティブな人のパターンがあるかと思います。何でも否定的な意見を述べる人もこの内です。

その場合はどうして相手がそう思うのかを考えてあげることもいいかもしれません。例えばさっきの場合「最近寒くなりましたね」のレスポンスが「もう洗濯物が乾かなくて!」とせっかくの会話のチャンスを暗くしてしまう人もいますよね。その場合こちらができることは、そこから会話を明るくすることでしょう。

失敗談でその場を明るくする

また、会話がいまいち盛り上がらずに沈黙が生まれてしまう場合には失敗談を話してみるのもおすすめです。誰かの失敗談を聞くことで「この人でもそんな失敗をするんだ」という安心感や親しみやすさを相手に感じさせることができ、その後の会話がスムーズになることがあります。

先ほどのネガティブな人を相手の場合ですと、「私なんかこの間洗濯機に洗剤入れ忘れちゃって…」などと話題を保ちながら失敗談を話してみると場が一気に和みそうです。是非試してみてくださいね。

会話が続かない人にありがちなこと

会話が続かない人にありがちなこと

会話が続かず盛り上がりに欠ける場合はリアクションが薄いということが考えられます。

リアクションってそこまでしていいの?

話している時にリアクションが薄い場合や声の抑揚が無い場合、会話が楽しくなり辛いので会話が続かない原因になりがちです。相手が会話していて楽しい、話してよかった、と思えるように気分を盛り上げる事はとても大切ですので意識してみましょう。

リアクションは少し大げさかな、というくらいで大丈夫です。こんなに表情を変えてくれるならもう少し話してみようと相手が思えるように、「えええ!?」「そうなんだあ!」と表情豊かにリアクションしてみましょう。黙って頷いて話を聞くのも時には必要な技術ですが、普段の会話ではリアクションを大切にしてみてはいかがでしょう。

思えばキャバクラ嬢やホストなどの、会話をすることで仕事をしているような人は皆リアクションが大きいですね。

リアクションひとつで思いやりを感じる特別な存在

また、自分の話ばかりしていると相手は疲れてしまいますのでレスポンスも雑になってしまうでしょう。気遣いができる人は自分の話をしていても相手を思いやる気持ちをいつも持っているものです。

忘れたくないのは自分は相手にとって大人数のうちのたったひとりだということです。相手がそこまで自分に興味を示していないことは忘れてはならないことでしょう。学校でも、校長先生の話に集中している人はあまりいなかったですものね。

会話が続かない場合はどうしたらいい?

会話が続かない場合はどうしたらいい?

会話が続かないことを気にして意識してみても、どうしても会話が途切れて微妙な空気が流れてしまうという場合はどうしたら良いのでしょうか。咄嗟に景色や天気などを話題にしてみても相手からのレスポンスは望めませんよね。

やっぱり、これに限ります

オススメなのは相手の好きなことについて質問してみることです。自分に興味を示してくれている相手に対して素っ気なくする人はあまりいないのではないでしょうか。相手の趣味の話題を持ち出して質問を投げかけてみましょう。自分の趣味のことなら相手も楽しく会話ができそうですね。楽しく会話ができたらきっと次に繋がりますので、最初は相手の趣味を理解する大きな心で望みましょう。

この魔法の質問も役に立ちます

また、話題の提示の仕方も考えてみるといいです。「寒いですね。」と言えば「そうですね。」と返ってきてしまいそうですが、「朝晩寒いですね、○○さんは体調とか大丈夫ですか?」などと相手のことを思いやる気持ちを込めて話題を提示してみると、相手はそれに対して感謝の言葉を返してくれるかもしれません。

気持ちは伝わりますから

それでも会話がどうしても続かない場合も話すことにプレッシャーを感じずにリラックスしていることが次のチャンスのためにできることでしょう。あなたが焦っているのは相手にも伝わってしまいます。慌てずゆっくり、素敵な人間関係を築いてくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ