頭が良くなる方法ですぐに活用出来る5つのもの

頭が良くなる方法ですぐに活用出来る5つのもの

頭が良くなる方法を知ることは今後の自分を変えることに繋がります。しかし、今更どうにもならないのではないかと半分諦めてしまっている人もいるでしょう。そこで、今からできる頭が良くなる方法を5つご紹介します。

頭が良くなる方法1:苦手意識を持たないこと

苦手意識を持たないこと

頭が良くなる方法として言えるのは、数学が苦手な人は算数の頃から苦手だったという人が多いということです。数字に対して苦手意識を持っているからなかなか勉強がはかどらないのかもしれません。

自分を洗脳する

 まず、目標に対する苦手意識を取り除きましょう。苦手意識を持ったままだといつまでたっても上手くできません。 まず、私はこれが苦手ではない!と毎日自分に言い聞かせることからはじめてみましょう。

 常識を洗い直すことで世界が変わる

 誰もが自分の中に自分なりの常識を持っています。しかし、それもときには洗い直して真っ新な状態にしてあげることが大切です。頭の中にこびりついたものを剥がしてキレイな状態で新しいことに打ち込んでみるのは気持ちが良いですよ。

いつでもフラットな目線で

 好きな小説家の作品なら、あまり良作でなくても最高傑作に感じる、など物事にバイアスがかかっていることは少なくありません。 しかし、いつでもフラットな目線で物事を見つめることで新しく感動できるものが増えていきます。感受性を高めるのも頭が良くなる方法の内のひとつです。

頭が良くなるため方法2:集中力をつける

頭が良くなるため方法2:集中力をつける

頭が良くなるための方法として言えるのは、効率よく作業をするためには集中力を付けることが大切ということです。 しかしいきなり集中力を付けようと思ってもうまくいくものではありませんよね。

音楽ではなく音を聞く

 特に勉強をする時に音楽を聴こうとする人が多いようです。 そんな時は動画サイトなどにアップされている自然の音を聴くと良いでしょう。特に川のせせらぎなどがオススメです。

タイマーを活用する

 100円ショップなどで売っているキッチンタイマーでも良いですし携帯やスマホなどのタイマーやアラームを使っても良いでしょう。 15分や20分程度の短い時間、タイマーがなるまでは作業に集中しようと決めて作業をする習慣を付けましょう。

努力の先にご褒美を設ける

 短い時間の集中力が続くようになったら時間を長くしていきましょう。いつの間にか最初の頃には考えられなかった時間を集中できているはずです。20分頑張ったらお菓子を少し食べる、などの楽しいことを努力の後にセッティングしてあげるとモチベーションもアップします。

頭を良くするために興味のないジャンルの本を読む 

頭を良くするために興味のないジャンルの本を読む

自分の好きなことについてではなく、興味がないジャンルの本に挑戦してみることも頭が良くなる方法のひとつです。

ノートを付けながら

 特にオススメなのは著者が医師のものや学術に関するものです。この場合はエッセイや物語はオススメできません。教科書のように使って、ノートを取りながら読書を進めていきましょう。理解度がグッと深くなって効果が高いです。

ペースを決めて継続する

 大切なのは継続することです。毎日何ページ読むと決めるもしくは月に3冊と冊数で決めるのも良いでしょう。ペースを自分で決めて、楽しく続けることがとても大切です。

難しすぎるものは選ばない

 勉強だからと最初から難しすぎるものを選んでも挫折の原因になってしまいます。医師が紹介する生活の知恵や、伝記などもノートを取るには十分の内容ですよ。

頭が良くなる方法4:頭がいい人と過ごす

頭が良くなる方法4:頭がいい人と過ごす

 頭が良くなる方法について、毎日の習慣で頭の回転を良くすることもとても効果的です。特にオススメなのは会話で頭のトレーニングをすることです。

よく一緒にいる人は自分よりレベルが高い人を選ぶ

 頭をしっかり使って会話できる頭の良い人の側にいることが頭を良くするには効果的でしょう。よく会う友人や恋人などは自分よりも少し頭が良い人を選ぶことがコツです。

周りのレベルの平均があなたのレベルになる

 付き合っている人間を知ることでその人を測ることはとても容易ですよね。なので一緒にいる人のレベルが高ければいつの間にかあなたのレベルも上がっているのです。

時には見限ることも必要

 自分のレベルが上がってくると、今まで仲が良かった人と合わないと感じることもあります。そんな時は見限って距離を置くことも自分を高めるには必要なことです。

頭が良くなる方法5:文章を書く

頭が良くなる方法5:文章を書く

頭が良くなる方法で簡単なのは、文章を書くことです。頭の中で考えることと考えたことを文章にするのとでは頭の使い方が全然違うのです。ちょっとしたことでも文章にする癖を付けてみましょう。

思いついたことや言葉をメモする

 素敵な言葉を思いついた時や買うもののメモ、やりたいことを書き留めておくなど何でも良いのでとにかく3語以上でメモしましょう。

日記を付ける

 その日にあったことや考えたこと、見た夢の世界のことでも良いです。毎日書く習慣をつけましょう。

タイピングでOK

 ペンと紙ではなくしてしまったら終わりですし、その時々で筆跡が変わったりと読み辛いでしょう。パソコンのタイピングならいつでも揃った字が書けますし両手の指を動かすことも頭にはとても良いのでオススメです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ