熟睡する方法を知ることにより、日々の生活が快的に!

熟睡する方法を知ることにより、日々の生活が快的に!

熟睡する方法ってなかなか知らない人多いですよね。熟睡する方法さえわかれば、美容や健康にもいいですし、痩せやすい体になったり疲れが取れたり、多くのメリットを得ることができます。

だた、中には簡単に熟睡することができなかったり、疲れがたまっているのが原因となって、不眠症になってしまう人も現代では少なくありません。

しかしポイントさえ抑えてしまえば、熟睡をしてスッキリとした朝を迎えることも出来ます。熟睡する方法を知って、是非今晩からでも実践してみましょう!

熟睡する方法にはお風呂がキーポイント

 熟睡する方法にはお風呂がキーポイント

熟睡する方法は、体を温めることでじっくりと体の中心から熟睡モードに移すことができます。その為には、お風呂にしっかりと入り、体を温めるのが大切。体の心から温められることによって、適度な眠気も感じられるのがさらに効果的です。

 特にお風呂上がりの3時間以内に眠りに付くのが理想。体が冷えてしまわないうちに、湯船で温めた余韻を残しつつ、早めにベッドへと入りましょう。

お風呂での入浴は体の疲れを一気に取り除くことができ、体を休める睡眠は疲れを取り除く効果をさらに強めます。

 さらに湯船に自分の好きな香りのアロマオイルを数滴垂らしたり、お風呂あがりにボディミルクを使うことによって、体はよりリラックス効果を得ることができるのでそういったことも実践してみるといいでしょう。

熟睡する方法ではアロマも効果的 

熟睡する方法ではアロマも効果的

熟睡する方法に、アロマを使うのも効果的です。アロマはリラックス効果を得ることができるだけではなく、その時の体の悩みなどもアロマによって解決できることもあるために、一石二鳥の効果を期待することができます。

 アロマは必要な器具を用意しなくとも、コットンなどにアロマオイルを含ませて枕元に置くだけでも◎。熟睡効果を得ることのできるアロマは、不眠に効果があるラベンダーや、神経の興奮を抑えて安眠を促すカモミールなど様々。

自分の好きな香りをチョイスして使ってみると、毎日の睡眠タイムがより楽しくなります。

 ただし、妊娠中に使わない方がいい、化学成分が含まれていない100%天然アロマを選ぶほうがいいなどの注意点や条件もあったりもするので、選ぶ際にはよく調べてみるといいでしょう。

熟睡する方法、音楽もオススメ 

熟睡する方法、音楽もオススメ

熟睡する方法の中には、音楽を聞いて熟睡を促すテクニックもあります。なかなか寝付けない夜には、音楽を聴いているといつの間にか寝ていて朝になっていた、なんてことありますよね。

 音楽がもたらす効果は大きなものであり、リラックス効果を得ることができるものも多数あります。特に快眠、安眠を促すための音楽というのは、脳内に安眠を働きかけるアルファ波というのが発生するのでより効果的。

 熟睡する方法に使える専用の音楽も販売されていたり、自分自身が好きな曲の中にも落ち着くことができるものがあればそれも効果的。

自分の好きな曲調じゃないと飽きてしまうために逆効果になってしまうため、気に入った曲を睡眠前に聴くのがポイントです。

熟睡する方法は、飲み物も重要なポイントに 

熟睡する方法は、飲み物も重要なポイントに

熟睡する方法には、睡眠前に飲み物を飲む人も多いかもしれませんね。よく聞くのは、ホットミルクで体を温めたり、どうしても寝付けないとアルコールに少し頼るという人も多いかもしれません。

 しかし、アルコールは寝付きがよくなるものの、アルコールが切れてしまうことにより、眠りが浅くなってしまうのでその場しのぎ。熟睡効果は薄いためにあまりオススメはできません。

どうしても飲みたい時には、睡眠の2,3時間くらい前に飲むようにしましょう。また、お茶や紅茶などにはカフェインが含まれているので、就寝前に飲むのはあまりオススメはできません。

 効果的なのはハーブティーやホットミルク、オニオンスープなど体を温める効果を得られるもの。

特にオニオンスープに含まれる玉ねぎは冷え性に効果的な食べ物なので、寒くて熟睡できないという人は試してみるといいでしょう。

熟睡する方法、ポイントは時計を見ない 

熟睡する方法、ポイントは時計を見ない

熟睡する方法に時計を見ないというのは、あまり意味がないのではないか?と一瞬思ってしまうものですよね。

時計を見ないだけで熟睡できるのならば苦労はしない!なんてことも思ってしまうかもしれません。

 しかし熟睡できない、寝付けない人の多くには「早く寝なくてはいけない」という焦りが生まれてしまい、余計に眠りを妨げてしまっていることも少なくありません。不眠症の中には、早く寝なくちゃと焦っていたりしませんか?

 それは時計を見ることによって、さらに焦りへと繋がっていってしまうもの。「もうこんな時間だ」という焦りは、緊張状態に繋がってしまい、睡眠は遠ざかるばかりです。

熟睡する方法では、就寝前には携帯をいじらない、時計を見えない位置に設置しておくなど工夫を凝らすだけでもかなり効果的です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ