初デートで食事に行くならどこがいい?オススメ5選

初デートで食事に行くならどこがいい?オススメ5選

初デートの食事について悩んだことはありませんか?相手の好みが良く分かっていればいいのですが、そうもいかない時もあります。

それに、一番最初のデートはとても重要。ここで上手くいかなければ、次はないかもしれません。特に食事は、大抵の場合はデート中に一度はしますし、デートの中でも大切な場面です。

お店選びのセンスも問われますし、一緒に食事をすることは親密さをアップさせる良いチャンスです。どのような場所ならお互いにムードが盛り上がるか、オススメの5つをご紹介しますので、参考にしてみてください。

初デートの食事は軽いランチから

初デートの食事は軽いランチから

初デートは食事を2人でするのも初めてかも知れません。初めてのデートでお互いに緊張しているでしょう。そのため、いきなり高級なレストランでディナーなどという堅苦しいお店で食事をすれば、緊張感はさらに高まり会話も弾まないでしょう。

 自分のマナーも相手のマナーも気になって、ぎこちない雰囲気のまま食事の時間が終わってしまえば、そのままのムードでデートが終わってしまう可能性があります。

 まずは、できるだけセンスの良い、あまり気負うことなくゆっくりとお互いの事を話せる環境を選びましょう。ランチであれば、お料理の種類も豊富に選ぶことができますので、お店選びもしやすいのではないでしょうか。

 さらに、ランチなら万が一会話がはすまなかったとしても、そのあとも一緒にいる時間がある可能性が高いので、挽回する機会もあるでしょう。

 食事自体を楽しむようなレストランなどは、親密になってからのデートプランにとっておいても良いでしょう。

初デートで食事に行くなら、無難なメニューを

初デートで食事に行くなら、無難なメニューを

初デートの食事はまだお互いの好みが良く分かっていない状態でしょう。相手の嫌いなものもわからない時から、エスニック料理や癖のあるものを選ぶと、自分しか楽しめない可能性があります。

 お互いがおいしい料理を楽しむことが大切です。その上で楽しい会話ができるのです。だんだんと相手の事がわかってくれば、変わったお店にも一緒に出掛けられるようになりますから、まずは、誰でも食べたことがあるようなメニューのあるお店を選ぶと良いでしょう。

 しかし、もしも相手のとても好きな食べ物を知っているのであれば、その食べ物がおいしいお店に連れていってあげるのも良いでしょう。好感度が上がること間違いなしです。

初デート 食事するなら大切なのはお店の居心地

 初デート 食事するなら大切なのお店の居心地

初デートの食事を上手くいかせるには、会話が大切な要素です。メニューや値段も大切ですが、お店の雰囲気もとても大切なのです。

 長時間並ばないと中に入れない、また店内が異常に混んでいる、騒がしくて話しにくいなどということになると、2人のムードも盛り上がりにくくなる可能性があります。

 さらに、混雑しすぎて慌てて食べてでなければならないようなお店では、あわただしい雰囲気に落ち着かず、会話もできず、親密になるせっかくのチャンスを逃してしまうことになります。

 共に食事をするだけでも親密になる効果はありますが、その時間が短かすぎたり、不快なものであればその効果は得られないでしょう。

 お店を選ぶ時には、お店の居心地も考慮するべきです。2人で心地よい時間を過ごすことは次のデートだけでなく、長く一緒にいたいと思える大切な要素です。 

初デートの食事で選ぶなら食べやすさ 

初デート 食事するなら大切なのお店の居心地

初デートで食事する時に気を付けたいことの1つに食べやすさがあるでしょう。美味しいからと言って、匂いの強い食べ物を選ぶと、お店を出た後も匂いが洋服や髪に残ってしまいムードも盛り上がりに欠けます。 

口の周りや洋服がよごれる可能性があるものはだらしない雰囲気になりかねませんし、シミのついた洋服をどうするかで頭がいっぱいになってしまうかも知れません。 

さらに、お好み焼きのように何か手を加えないと食べられないものは、どちらかがせわしなく働かなければならないので、会話どころではなくなってしまいますし、男性がするのか女性がするのか、何か失敗しないか、お互いに気を使います。 

食事は美味しく、簡単に食べられるものを選びましょう。 

初デートの食事はどこがいいか聞いてみる、聞かれたら答える 

初デートの食事はどこがいいか聞いてみる、聞かれたら答える

初デートで食事をどこにするか悩んでしまったのなら、相手に好きなものを訪ねてみるのも良いでしょう。 

どこで何が食べたい?と聞くよりも、何が好きか、嫌いなものはあるか聞いてみると良いかもしれません。その時に何が食べたいかを思いつかなくても、好きなものや嫌いなものはわかっているはずです。 

例えば、好きなものがコーヒーという答えならば、コーヒーが美味しいところをメインに考えてみても良いでしょう。 

逆に尋ねられたのなら、「何でもいい」とは言わず、肉か魚か、和食かパスタかなどの答えを用意しておいた方が良いでしょう。相手に任せることが思いやりではなく、2人で決めやすい方向に話を持って行くのも良い関係を築く手助けになります。 

初デートはお互いに同じように緊張感を持ってるはずです。楽しい食事にするためにも、どちらの負担にもならないようにするのが一番でしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ